スポンサードリンク

楽天 デベロッパーIDを取得する方法。

楽天ウェブサービス を利用するには、まず「デベロッパーID」を取得する必要があります。

デベロッパーID は開発者を特定する文字列で、楽天ウェブサービスの API を呼び出す時に必要になります。(1楽天会員IDに対し、1デベロッパーID)

「楽天会員登録」が済んでいる場合は、楽天での様々なサービスが利用できるため、デベロッパーID もすぐに取得できます。

楽天市場でお買い物をしたことがある人や、楽天ブログを利用している人は、既に登録は済んでいるはずです。

それでは デベロッパーID を取得してみましょう。


【1】まず「楽天ウェブサービス」にアクセスします。

楽天ウェブサービス
http://webservice.rakuten.co.jp/

rakuten-01.gif

このページには、楽天ウェブサービスを利用する際の様々な情報が掲載されているので、Webブラウザの「お気に入り」に追加しておくと便利です。


【2】「デベロッパーIDを取得」をクリックします。

rakuten-02.gif


【3】ログイン画面が表示されました。

rakuten-03.gif


ここから先は、楽天会員登録が済んでいる場合と、まだの場合では手順が異なります。

【4】楽天会員登録が済んでいる場合は、ユーザーIDとパスワードを入力して、ログインしてください。

rakuten-04.gif


楽天会員登録がまだの場合は、先に登録から行ないます。登録は無料です。

rakuten-05.gif


【5】ログインすると、「デベロッパーIDの確認」画面が表示されます。

rakuten-06.gif


【6】楽天ウェブサービスのトップページに戻るため、画面上のリンクをクリックします。

rakuten-07.gif


【7】トップページに戻りました。

rakuten-11.gif


【8】楽天ウェブサービスにログインしている状態だと、「デベロッパーID」と「アフィリエイトID」はいつでも確認できます。

rakuten-08.gif

この デベロッパーID とアフィリエイトID は、プログラムの中で使いますので、確認する方法を覚えておいてください。


【ワンポイント】
楽天ウェブサービスを使ったシステムの開発は、 デベロッパーID だけあればできますが、作ったシステムから成果報酬を得たい場合は、 アフィリエイトID も必要になります。

必要な場合は「アフィリエイトIDの確認」も行なってください。

rakuten-12.gif


スポンサードリンク






楽天ウェブサービス初心者入門講座TOPへ